エパレク アレルギー遠隔教育学院について

アレルギー遠隔教育学院は、「平成20年度厚生労働省免疫アレルギー疾患・予防治療研究事業:ユビキタス・インターネットを活用したアレルギー患者の自己管理および生活環境改善支援システム、遠隔教育システム、患者登録・長期観察システムに関する研究」班の第4分科会が作成しました。

研究代表者:
    須甲 松信(東京芸術大学 保健管理センター 教授)

研究分担者(五十音順):
    大矢 幸弘(国立生育医療センター第一診療部小児アレルギー科 医長)
    田中 裕士(札幌医科大学 第3内科 准教授)
    谷口 正実(国立病院機構相模原病院 臨床研究センター 部長)
    土肥 眞   (東京大学医学部 アレルギーリウマチ科 講師)
    永田 真   (埼玉医科大学 呼吸器科 教授)
    山内 広平(岩手医科大学 呼吸器アレルギー膠原病内科 准教授)

平成24年6月1日、このアレルギー遠隔教育学院をエパレクが引継ぎ運営することとなり、名称も、「エパレク アレルギー遠隔教育学院」と改めました。

特定非営利活動法人 エパレク(環境汚染等から呼吸器病患者を守る会)
〒107-0061 東京都港区北青山1丁目6番1の106号
TEL:03-6272-6413 FAX:03-6272-9414
エパレクホームページ:http://eparec.com/